JASRAC
J-RAPPサービス利用規約 JASRACトップへ
 
(本利用規約の目的)
第1条
本利用規約は、一般社団法人日本音楽著作権協会(以下「JASRAC」という。)が出版及び録音(ビデオグラム録音及びゲームに供する目的で行う複製を含む。以下同じ。)に係る著作権を管理する音楽著作物(以下「管理著作物」という。)を出版及び録音に利用(映画への録音、ゲームに供する目的で行う複製(連続した影像を伴わない場合に限る。)、広告目的で行う複製、放送・有線放送、インタラクティブ配信及び業務用通信カラオケの各利用形態において複製する場合を除く。)される方に対し、JASRACが提供するJ-RAPPサービス(利用者が、インターネット上で、管理著作物の利用申込みを行い及び許諾を受けることができるサービス並びにこれに付随するサービス(以下「本サービス」と総称する。))の利用について基本となる事項を定めることを目的とします。本サービスの利用者は、本利用規約を遵守し、本サービスを利用するものとします。

(本利用規約の範囲)
第2条
JASRACが、本サービスの利用者に対して行う本サービス利用に関する通知、本サービス内に記載された各サービスのご案内や説明文は、名目のいかんにかかわらず、本利用規約の一部を構成するものであり、本利用規約の本文に優先して適用されるものとします。

(本サービス及び本利用規約の変更)
第3条
JASRACは、本サービスの利用者の了承を得ることなく、本サービスの内容を変更することがあります。
2 JASRACは、次に掲げる場合には、本利用規約を変更することにより、変更後の本利用規約について合意があったものとみなし、個別に本サービスの利用者と合意することなく、本利用規約の内容を変更することができるものとします。
(1) 本利用規約の変更が本サービスの利用者の一般の利益に適合するとき。
(2) 本利用規約の変更が、本サービスの利用者が本サービスを利用する目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。
3 JASRACは、前項の規定により本利用規約を変更するときは、その効力発生日を定め、かつ、本利用規約を変更する旨及び変更後の本利用規約の内容並びにその効力発生時期をインターネットの利用その他の適切な方法により、本サービスの利用者に周知するものとします。

(本サービスの利用者)
第4条
本サービスは、管理著作物の利用許諾を受けようとする者あるいは受けた者が、本利用規約の内容を承諾し、所定の利用登録手続を経て、ID及びパスワードを取得した場合に限り、利用することができます。
2 JASRACは、以下の各号の事由に該当する者に対し、本サービスの利用登録を拒否することがあります。
(1) 管理著作物の利用許諾手続をとる意思が無いとき。
(2) 登録しようとする者が実在しないとき。
(3) 登録事項に虚偽の事項を記載し又は記入漏れがあるとき。
(4) 過去にJASRACが提供する各種サービスの利用規約若しくはJASRACとの間に締結した利用許諾契約に違反したことがあるとき又は本サービスの利用登録を取り消されたことがあるとき。
(5) 本サービスの利用者が未成年者、成年被後見人、被保佐人、又は被補助人のいずれかであり、本サービスへの登録手続が、成年後見人によって行われておらず、又は本サービスへの登録手続の際に、法定代理人、保佐人、若しくは補助人の同意を得ていないとき。
(6) 本サービスの利用者がJASRACの管理する著作権以外の著作権、著作隣接権、肖像権、その他の権利を侵害した場合、又はするおそれがあるとき。
(7) サービスの利用により、本サービスで利用しているサーバ等設備に対し損害を与えた場合、又は与えるおそれがあるとき。
(8) その他JASRACが不適当と判断する事由があるとき。

(譲渡禁止等)
第5条
本サービスの利用者は、本サービスを利用する権利を第三者に移転、貸与又は譲渡することはできません。

(変更の手続)
第6条
本サービスの利用者は、本サービスへの登録事項に変更が生じたときは、速やかにJASRACが指定する方法により変更の手続をとるものとします。
2 前項に規定する手続がなかったことで、本サービスの利用者が不利益を被ったとしても、JASRACは一切その責任を負いません。

(設備等)
第7条
本サービスの利用者は、本サービスを利用するために必要なコンピュータ、ソフトウェア、通信機器等を自己の責任で準備し、自己の費用をもって本サービスに接続するものとします。

(本サービスの利用者の義務)
第8条
本サービスの利用者は、本サービスにより発行されたログインID及びパスワード(以下「ID等」という。)を自己の責任において管理するものとし、自己のID等により本サービスを利用してなされた一切の行為及びその結果について、当該行為を自己が成したか否かを問わず、全責任を負うものとします。
2 本サービスの利用者は、自己のID等が、第三者によって不正に使用されたことを発見したときは、直ちにJASRACにその旨を届け出るものとします。

(禁止事項)
第9条
本サービスの利用に際し、以下の各号に該当する行為は禁止いたします。
(1) 自己のID等を第三者に開示、譲渡若しくは使用させる行為又は他の本サービスの利用者のID等を不正に使用する行為
(2) 本サービスを用いて虚偽又は架空の身分等を詐称する等の行為
(3) 犯罪的行為及びそれに付随する行為
(4) 本サービスに支障をきたすおそれのある行為、公序良俗に反するおそれのある行為及びその他JASRACが不適当と判断した行為

(利用の取消し)
第10条
本サービスの利用者に第4条第2項各号又は第9条各号の事由があるときは、JASRACは、何らの通知・催告なく、本サービスの利用登録を取り消すことがあります。

(本サービスの一時停止又は中止)
第11条
JASRACは、以下の各号に該当する場合、事前の通知なく本サービスを一時停止又は中止することがあります。
(1) 本サービス用設備の保守又は修理等を行うとき。
(2) 事故、災害その他やむを得ない事情により本サービスの提供ができなくなったとき。
(3) 本サービスの運用上又は技術上の理由により、本サービスの一時停止又は中止を必要と判断したとき。

(免責事項)
第12条
JASRACは、本サービスの利用者が、本サービスを利用したことにより、又は利用できなかったことにより生じた一切の損害等について、JASRACの故意又は重過失による場合を除き、いかなる責任も負わないものとします。

(損害賠償)
第13条
本サービスの利用者が本利用規約に反する行為、又は不正若しくは違法な行為によってJASRACに損害を与えたときは、JASRACに対し、その損害を賠償する責任を負うものとします。

(合意管轄)
第14条
本サービスの利用に関して紛争が生じたときは、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(個人情報の利用目的)
第15条 
JASRACが取得した本サービスの利用者の個人情報は、次に掲げる目的のために必要な範囲以外では利用しないものとします。
(1) 音楽著作物の著作権管理事業における利用許諾業務、著作物使用料徴収業務、著作物使用料・私的録音録画補償金等分配業務、調査研究及び刊行物の送付その他の広報
(2) 音楽文化の振興及び著作権思想の普及に関する事業における企画の検討・実施、調査研究及び広報
2 本サービスの利用者は、JASRACが、前項各号の目的の達成のために必要な範囲で、個人情報を第三者に提供することに同意するものとします。

(準拠法)
第16条
本利用規約に関する準拠法は、日本法とします。

(適用日)
第17条
本利用規約は2020年4月1日から適用いたします。

以上


 
 
                                                         
copyright (C) JASRAC All rights reserved 2003